和服

代表 茨木です。
先日、お客様の新年会にお声がけいただき行ってきました。
そう!「和服で」笑 お客様の呉服店で仕立てていただきました。

ニュースなどを見てると 海外での授賞式にも和服で参加。
とか、以前に大臣就任の際に和服で会見などもあり
日本人として 以前から和服が欲しかったんです。

私どもは、季節・場所・イメージ などを敏感とする仕事です。
和服=日本の心 というイメージを持つのではないでしょうか?
では チラシやパンフでで 和を表すときは そういった 色・フォント・デザイン・用紙
などなどを 制作者は考えて作ります。

昨年、大学生が 起業家と目指すプレゼンの審査員としてプレゼンを聞く機会があり
その時 着物柄をイメージした洋服などを インバウンドや若者のファッションとして
取り扱いするアパレル会社設立をしたい。という企画がありました。

若者の中で 和 というものは 私たちと違い ファッション として
発信していきたいという考え方があることを知りました。

京都などに行くと 海外からの観光客の方は
「一番」とか「侍」とかのTシャツを着てたりしますよね。

形は違えど 和 はいいですね!