CIMG4835

いつもお世話になりありがとうございます。

今朝は当社が加入しております、6時から始まる
明石倫理法人会のモーニングセミナーへ。

本日は100人MSとのことで、たくさんの経営者の方々と朝から経営の勉強会でした。
急遽、会員スピーチと言うことで、何をお話しさせていただこうか!?
と、悩んだものの。。。。今更いい格好をつけた話をしても仕方がない!

明石の気持ちを伝える印刷会社アサヒ印刷 茨木です。
とのあいさつをさせていただき、普段の出来事をお話しさせていただきました。
前に立つと100人ってすごいですね!
元気な経営者様と朝を迎えられて今日一日元気にお仕事をさせていただきました。

さて、講師の中島様のお話で面白いお話がありましたので
ご紹介します。「バッタの話」です。ある中学生が書かれたそうです。

ある町に一匹のバッタがいました。名前を「行き当たりバッタり」
と言いました。毎日そのバッタは気ままに生きていました。

ある日気がつくと体中にシミが出ていました。お医者様は「苦シ
ミ」と「悲シミ」のシミだと言いました。

果物を食べなさいと言われ、柿を食べました。しかし、治りませ
ん。お医者さんは「あなたの食べた柿の名前が悪い」と言いまし
た。それは「モガキ」と「アガキ」という柿だと言うのです。

「どうすれば良いか」と尋ねると「この裏山の崖を登りなさい」
といわれました。その崖の名前は「命崖」と言います。

苦労してやっとの思いで登るとすばらしい景色が見えて、気持ち
がさわやかになりました。

すると、不思議にその時から、体のシミがすーっと消えました。

そのバッタの名前は「ガンバッタ」という名前に変わりました。

明日からまた頑張ります。