イメージ

正直な思いを少し。
よく 印刷会社はこれから大変だね。と言われます。
確かにそうです。業界的にはあまりいい話を聞かないのも実際のところです。

数年前から そんなこともあり
私自身いろいろなチャレンジをしてきました。
よくよく振り返れば データを作成してる会社です。
そのデータを駆使してお客様に何を提供できるのか?
本気で 本音で
少しづつですが
紙以外のお仕事もお客様のご協力のもと増えてきました。
最近では、サイン類 ノベルティ 動画などのお仕事も。
その仕事が増えてくると
以前は見えなかった紙だからこそできる役割が見えてきました。
やっぱり 紙って素晴らしいです。愛おしいです。

形に残ります。多くの手にわたります。
目に触れます。見たい時に見れます。人の役に立ちます。
最後は確かにゴミ箱に行くかもしれません。
でも、もったいないことはありません。
役目を果たすと紙の人生を終えます。
それは紙にとっても喜ばしいことなのです。
社内での会話も、
いろいろな方向から仕事を見つめてる自分たちに気が付きました。
気持ちを伝えるお手伝い 当社の 社是です。
この厳しいといわれてる業界から見えてきたものは
私たちだからこそできる 志事 です。
お客様との会話の中から

こんなこともあんなこともお手伝いして
いっぱい役に立てる!
と心底思えるようになりました。
また、頑張ってくれてる従業員が
気持ちよく働けるように
社内環境改善も並行して進めてます。
一人では人間は生きていけません。
お客様のおかげで
仕入れ先様のおかげ
従業員のおかげで
私たちにしかできないことを目指し
おかげさまで アサヒ印刷は53期目を航海しています。