茨木です。阪神淡路大震災から20年が経ちました。当時、わたくしは大学4年で震災当日は実家で就寝中。

突然の揺れに飛び起き、明石の端でありながら本棚などが倒れ、あの揺れてる時間がものすごく長く感じたのを今でも覚えています。

当日は今のようなネット環境もなく、ラジオ・テレビなどの情報が中心。急いでテレビを見るも定かな情報が入ってこない。

しばらくたって、震源が淡路、そして神戸の街が大変なことになってることを知る。

わたくし、学生時代は垂水の方で部活での共同生活をしていました。同じアパートに居住するチームメイトの安否もとれない。

また、親父が入院していた最中での出来事でしたので、まずは病院へ向かう。大丈夫だったが、病室から神戸の方を眺めると煙が。。。。

そこから、垂水へ向かう。ところどころガスの匂いも。

長田方面にも先輩・後輩や友人、お世話になった方々などがいたが連絡が取れず、避難所などを回る。

神戸の中心街の光景は、すさまじい廃墟のような街だった。

あれから20年。神戸の街は復興したかのように見えるが、メインストリートから外れるとまだまだ。。。。

長田のテナントも空きが目立つ。

また、この20年の間に東北での震災や、中越など地震災害もたびたび起こってる。

大自然の前に、人間は無力を感じる。

生きる喜び、生かされてる喜びを感じつつ 生きてる間にどれだけのお役にたてることが出来るのか?

仕事を通じて、人の役に立つことが、生かされてるものの使命だとつくづくあたらめて思うこの頃です。

改めて、震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。