b_09803143
fullsizerenderb
fullsizerender

明石天文科学館 2017年カレンダーの
シール部分を弊社で制作させていただきました。

今年のカレンダーは、
ポスターと、カレンダーの日付部分が別々のものです。
日付部分のシールは、貼ってはがしてまた貼れる特殊な弱粘性のユポタイプのシール(リピール)で
耐光インキ+UV印刷での少し特異なタイプです。

只今、明石天文科学館で販売中です!!

明石天文科学館
http://www.am12.jp/

↓↓↓ 1月5日神戸新聞朝刊より
 明石市立天文科学館(兵庫県明石市人丸町)は、月齢や流星群などの天文情報が入ったオリジナルの2017年カレンダーを発売している。
3種類のオリジナルポスターに、シールタイプのカレンダーを貼って使う仕組みで、自由なレイアウトが楽しめる。

 同館では毎年、デザインを変えてカレンダーを製作している。シールタイプは初めての取り組み。

 ポスターは、プラネタリウム解説員の女性キャラクターのイラストと、槍ケ岳周辺の美しい星空、日本地図に各地のプラネタリウム施設が記載されたデザインの3種類。

カレンダーを貼る位置は決めておらず、同館は「カレンダーをポスターに重ねてみたり、周囲に貼ってみたり。デザインは自由自在です」としている。

 1500部限定で、ポスター1種類とカレンダーのセットで400円。
ポスターのみの追加は1枚50円。

(奥平裕佑) 1月5日神戸新聞朝刊より

 また同館では1月9日まで、特別展宇宙航空研究開発機構(JAXA)や航空機メーカー、各地の動物園や観光協会などのカレンダーを飾った特別展を開催していました。

(掲載許可済)